Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
NTTコミュニケーションズ株式会社 / 株式会社FFRI

2018年11月28日

NTTコミュニケーションズ株式会社
株式会社FFRI

NTT ComとFFRIが高度セキュリティ人材を育成する新会社を設立

NTTコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:庄司 哲也、以下 NTT Com)と株式会社FFRI(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:鵜飼 裕司、以下FFRI)は、高度な技術を有するセキュリティ人材の育成を目指し、2018年11月28日に新会社を設立することに合意しました。

1.背景、目的

ビジネスを変革、創出するデジタルトランスフォーメーションの拡大により、ICTが社会や人々の生活に欠かせないものとして浸透しています。一方、ICTの利用によるマルウェアや標的型攻撃をはじめとしたサイバー攻撃は、巧妙かつ高度化しており、世界中で被害が拡大する傾向にあります。

多くの企業においては、セキュリティリスクへの対策を的確に実施・運用できる人材の確保が課題であり、2020年に向けてもセキュリティ人材の育成が必要不可欠な施策になっています。

両社はこのようなニーズに応えるため、NTT ComのCSIRT※やセキュリティオペレーションセンター(SOC)の運用・監視、ソリューションのノウハウと、FFRIのサイバーセキュリティに関する高い研究開発・技術力を活用し、共同で行う研究開発やビジネスを通じた高度セキュリティ人材を育成する会社を設立します。これにより、企業のセキュリティ対策に貢献できる人材を輩出することに加えて、両社のセキュリティサービスやソリューション事業の拡大をサポートしていきます。

2.新会社概要

(1) 会社名 :株式会社エヌ・エフ・ラボラトリーズ(英名:N.F.Laboratories Inc.)
(2) 所在地 :東京都
(3) 事業概要 :サイバーセキュリティに関する教育・研修の実施、研究開発など
(4) 資本金 :2億円(資本準備金2億円)
(5) 資本構成 :NTT Com 60%、FFRI 40%
(6) 代表者名 :小山 覚
 NTT Com 情報セキュリティ部長 兼務
(7) 従業員数 :約20名(営業開始時)
(8) 設立、営業開始時期 :2019年1月設立予定、2019年4月営業開始予定

3.両社概要

■NTT Com

商号 エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
設立 1999年7月1日
事業内容 電気通信事業など
(クラウド基盤、データネットワーク、ボイスコミュニケーション、アプリケーション&コンテンツ、ソリューション)

■FFRI

商号 株式会社FFRI
設立 2007年7月3日
事業内容 コンピュータセキュリティの研究、コンサルティング、コンピュータソフトウェアおよびコンピュータプログラムの企画、開発、販売など

※ CSIRTとは、Computer Security Incident Response Teamの略。
企業や行政機関などに設置される組織の一種で、コンピュータシステムやネットワークに保安上の問題につながる事象が発生した際に対応する組織です。

本件に関するお問い合わせ先

NTTコミュニケーションズ株式会社

経営企画部 広報室

野本、高山

03-6700-4010


株式会社FFRI

経営管理本部 総務部

IR広報担当

03-6277-1811

Mail:pr@ffri.jp

2018-R108

このページのトップへ